2012年9月27日 (木)

ブログの主旨が・・・気にしない気にしない

風邪の症状を抑えるお薬を月曜日に内科で処方してもらったが、いっこうに回復しない。熱も上がったままだし咳も止まない。

薬を飲んだ後に悪心が起こって辛いので、今日もう一度受診して薬を替えてもらった。木曜日金曜日とその薬を飲んで養生し、明後日には回復していたい。土曜日にはお茶のお稽古があるのだから。

薬局の帰りに、ロールケーキを買って帰った。木曜日にしか販売されないROLLさんの逸品。販売は12時から。いつも7-8種類をケースに並べて待っていてくれる。お店に寄った14時半過ぎ、すでに1種類抹茶味しか残っていなかった!でも残っていてよかった(しかも今日はあんこ入りの特製也)。

新たに処方された薬もヘンな味がするはず。ロールケーキを昼食の代用としてその食後、水薬と粒を一気に飲み込んだ。思った通りとはまた違うヘンな味。抹茶味スポンジとあんこを一口残しておけばよかった。お口直しを用意しなくてはね。

|

2012年9月26日 (水)

咳やまず、考え事もとまらず

秋のシーズンを気持ちよく迎えたというのに、風邪をこじらせて寝込んでしまった。ブログを再開したというのに、このまま病気記録になってしまっては情けない。

日曜日のお茶会は、お濃茶席と立礼の薄茶席に入った。
ちょうど心に思うところがあり、立礼席に興味津々。

来月中に、茶の湯のお師匠を自宅にお招きする。
ロールケーキと紅茶をノリタケのセットでお持てなしする予定。
しかしながらやはり、一服のお薄を用意して差し上げたい。

フローリングに洋家具のリビングで、どんなお点前を披露できるだろうか。とっても悩ましい。

不出来の弟子に出来うる用意を捻り出し、当日のお迎えに備えたい。
先生が大笑いして下さったら嬉しいし、お叱りを頂戴するのであればなお有りがたいこと。まだ時間があるので、ゆっくり考えている。

|

2012年9月23日 (日)

風は秋色

細く降り続いた雨は夜明けとともにあがった。午前7時、いまは雲間に薄空を感じる。

去年、病院のベッドで過ごしていた日々を思うと、取り戻した健全さがひたすらに嬉しい。

今シーズン初めてのお茶会へ行く。

昼間にいただいたお濃茶が効いて興奮したのか、夕べは何度も目が覚めた。そしてやまない雨音が耳から離れず、ほんとうに困ってしまった。

秋分の日を過ぎ、風はより透明に流れてゆく。

|

2009年10月11日 (日)

透明な海に浮かぶ

Pot9800e_2

川べりの古い蔵のなかで、たゆたうゾウクラゲに出会った。静かな青い海、空をむいていつものように揺れていた。

ゼリーの体躯にガラスの瞳。再会に心が弾み、そしてとてもとてもとても

・・・・とっても悲しい。

地球に満ちたスープは味が変わってしまった。

誰にも助けられない。

|

2009年5月10日 (日)

5月はとってもたいへん

高知のばら展が終わりました。例年より開催が早く出品花が集まるかどうか最後まで心配していましたが、5月の1-3日の3日間、会場を華々しく飾ることができました。会員のみなさまありがとうございました。

翌日の4日は、しまなみ海道大島にあるよしうみバラ公園に行ってきました。まだあまり開花がすすんでいないのが残念。それでも5年前に訪れたときよりは株がずっと立派に育っていて、立ち上がった無数の蕾・・・たくましい様子に感激しました。川沿いに並んだアーチは緑に覆われ膨れた蕾が絡み合い、2週間後には七色に光り出すかと思われます。

5日は松山の相原バラ園を訪問。ツルバラを巡らしたフェンスも見本園も花盛りで、それはそれは美しい景色でした。「このバラの枝振りは繊細だなぁ・・・」などと見とれていると、株元に植栽された別のバラから強い香りが漂ってきます。振り向くと、幾多のバラが準備を整え、選ばれるのを待っていました。

翌6日にその選んだ数株を引き取りに再訪園。ばら会の先輩に頼まれたいたタソガレも、見つけることができて安心しました。わたしには・・・失って再チャレンジのバラと、小輪のランブラーなど。一度枯らして数年後また植えることがポツポツと続いています。

高知に戻って7日。ばら会でNo.1の作り手の大先輩(大正うまれの先輩)から午前中にお誘いの電話が掛かり、いそいそと出かけて参りました。

8日には、もうひとりの大先輩を訪ね、頼まれていたタソガレをお渡し出来ました。バラのお庭を拝見するには少々歩かなければなりません。湧き水の小川に添ってフキやセリ、三ツ葉など摘みながら、心地よい散歩になりました。

大先輩方の丹精して作った大輪HTを拝見して、心がなだらかに洗われました。自分のバラではこうはいかないのです。いただいたそどおり姫、ジュリアに万葉など、それらの花枝を飾ったので食堂が華やかです。

昨日は何ごともないと、静かに水やりしていましたら、ばら会のお友達が庭を訪れてくださいました。ばら展で好評だった紫玉はもう散ってしまいましたが、スペクタビリスやヴァイオレット、エセックスにローラアシュレイ・・・ちいさいバラの花盛り。午後にはそれらを束ねて、ヴァイオリンの先生に差し上げました。

今日は10日。どんなバラ日になるでしょう?

5月18日まではこんな風に、キレイな花と友達に囲まれていたい。そうしたら、悲しみに動かされず過ごせるかもしれない。

|

2009年1月13日 (火)

冬のお誕生日

P1134399

夕べのあまりの寒さに、只ならぬ気配を感じた通り、高知に初冠雪です。

南国の淡い雪。朝日にキラリ光った瞬間に地温で溶けてしまいました。軒下の花々は痛むことなく、順繰りに咲いてます。

1月13日はかつての大親友のお誕生日。もう三十年も前に記憶してから、この日を忘れたことがありません。

子どもの頃に出来た、記憶の回路。もうずずーっと会っていなくて、お祝いすることも出来ないけれど、どうして忘れないで思い出すのでしょう?今朝のニュースでロシアと芸術が話題にされていたせいかしら?

遠くから彼女の幸運と健康を祈ります・・・でもほんとうは一緒にケーキ食べたいな。


素芯蝋梅、ローンデージー、ミモトさんのビオラ、ストック、カーネーション、椿' Butter Mint '

|

«束ねた花々 0109